TOP2010年8月の記事

2010年8月の記事

☆自分☆ 歌央瑠

2010年8月31日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。


突然ですが皆さんは、自分のことをちゃんと知って
いますか?


人と付き合っていく上で相手をよく理解するという事は
とても大切なことですが、それ以上にまず必要なのは
自分を正しく分かってあげることだと思うのです。


恋愛も仕事も長続きせず、どうも自分は良い縁に
恵まれないと悩んでいたら、それはもしかすると
自分自身を間違えて理解しているからかもしれません。


子供の頃の自分と今の自分。
比べてみると、どのくらい変化がありますか?


昔は引っ込み思案だったけれど、社会に出てから
積極的に物事を進められるようになった人。


それとは逆に、幼少期はリーダー的存在だったけれど
思春期を迎える頃には、前へ出ることが苦手に感じる
ようになった人。


あるいは、今も昔も変わらずな人。


みんな様々であると思います。


大体の人は大人になるにつれ自然と変化していき、
本当の自分の姿を知るようになるのだと思います。


けれど、自我が固まる前に、周囲が「あなたはこんな人」
と、強く決めてしまうと、本来の自分を表に出すことが
出来ず、知らず知らずに他人が持つイメージの自分を
演じてしまう事があります。


それが、過剰な期待なら尚更、決めつけを拒絶出来ずに
受け入れようとしてしまうのだと思います。


例えば「私は我慢強くて尽くすタイプ」
そんな風に思っていても本当は自由奔放な性格が本質
だとしたら、物事がうまくいくはずがありません。


間違った認識で選んだ相手や仕事では、知らない内に
ストレスが蓄積されるばかりです。


そして、気が付けば続けることが困難になり終わりが
くるけれど、


「何故うまくいかなかったのか!?」


その真相をきちんと理解できなければ、同じ間違いを
繰り返すばかりです。


もしも今、良い出会いに恵まれないと感じていたら
自分と向き合い、本当はどう人と接していきたいのか、
そして本当に求めているものが何であるのか探して
みてください。

ページトップへ

素顔の私@CREDO、マザー・テレサにふれて

2010年8月29日 written by...CREDO

こんにちは、CREDOです。

 


皆さん、如何お過ごしですか?


残暑が厳しい今日この頃ですが、体調を崩されないようにお祈りしております。

 


 

さて、8月もお盆・盂蘭盆・20日お盆と過ぎ・・・


仏教の人も、仏教で無い人も夏の年中行事が終わりを告げ、


夏の短い日本のバカンスが終わり、何時もの生活に戻りつつある事でしょう。


宗教の自由な国、日本ですから、過ごし方は貴方次第です。


 

何時もと違うコラムですな~


とお感じの人も多い事と思います。


そう、今回はチョット違うアプローチで!

 


先日、マザー・テレサに付いて書かれた書物に出会いました。


生前、お会いしたかったのですが、来日が決まってから体調を崩されたりして延期になるなどし、


とうとう叶わぬ夢で終わってしましました。


 

書物の一部ですが、私が心打たれた部分の抜粋をご紹介したいと思います。


 

最も貧しい人々に手を差し伸べたマザー・テレサが今年の8月26日で生誕100年を迎えます。


 

マザーの生きていたインドでは、屋根の有る家に住んでいる子も居ますが、ものすごく沢山の子が道路で暮らしており、両親が居ない子も沢山居ます、その中で死んで行く子も・・・


マザーはそうした暮らしの中で道路で倒れ、死にそうになっている子を自宅に連れて来て引き取りました。


病気を治し、看病する為です。


でも、マザーの1番の目的は子供達の病気を治す事では無く、病気の子のそばにいる事


話したり、一緒に食事をしたり、遊んだり、本を読んであげたり・・・楽しい毎日を送ってもらう事でした。


子供達はみな、道路で生活するストリートチルドレン、寂しい暮らしをしてました。


有る時、そんな子供の中に看病のかいも無く死にそうな状態の子がいました。


大人達はみな残念な気持ちでしたが、手の施しようが既に有りませんでした。


その時マザーが家に帰って来ました、訳を知ったマザーはその子を抱き上げ、ずっと抱き続け時々声を掛けましたが返事も出来ない状態でした。


30分程達、周りの大人が


「マザー、そんなに長い間抱いていると疲れますから、寝かせて下さい」


と言うとマザーはこう、答えました


「食事や薬がダメでも、私の体温をこの子に伝えたいのです」

 


 

愛には色々な形が有りますが、究極の最後の愛を感じました。


何も出来ない、で終わってはいけないのだと。


最後の最後まで何か出来る、それが私達一人ひとりにも有るのだと。


産まれたばかりの子供が母親の鼓動を聞き、安心して眠れるように、


小さい事、些細な事でもマダマダ私も気付いていない事が沢山有る事を改めて感じました。


お盆前に自殺者が前年度+7%と知り、その1人でも私は会いたいと思いました。

 


皆さんとはお電話という形ですが、心は繋がっています。


どうか、悩んだ時、チョットでも苦しい時、私の体温を感じに来て下さい。


何時でもお待ちしております。


私の些細な力ですが、これからもこういう機会を通して、聖人の教えを勉強していきたいと思います。

ページトップへ

暑気払い +++++望獲つきよ

2010年8月28日 written by...望獲 つきよ

みなさんこんにちは!
毎日暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしですか?
わたしは、
日本でも特に暑いと言われている十大市町村区の一つに住んでいます...

だから毎日、35℃は当たり前!
もはや、よその都市の方が暑いと負けたという気持ちになるようになりました(笑)

昔、レイ・ブラッドベリの小説にも出てきましたが、
華氏90℃(32.2℃くらい)を超えると、人間はイライラしやすくなり、
実際は暑さが原因で起こっているのに、
それを目の前のできごとのせい、と思いこんで人や物に当たりやすくなります。

感情が爆発しやすくなるのですね。

さらにそれを超えてしまうと無関心になり、
日頃優しくしている人にも投げやりになったり、
どこにも行きたくなくなってしまいます・・・

自分は病気なのでは!?
パートナーはわたしに醒めているのでは!?
と思う前に、今月は気温のことも忘れないでくださいね。

人間は魂だけでできているのではありません。
血と肉も纏っています。

何か問題が起こったときは、自分や他人の心の中だけでなく、
広い視野をもって、
体の問題にも耳を傾けてあげるといいかもしれません。

身体が元気だと、人間は色々のことに耐えられます。
だからストレッチも、気持ちを豊かにするんですよ。

sanpo.gif
科学的なお話になりますが、
乳酸というものがたまると、人間は疲れたりだるくなったりいたします。
しかし、その時に
「ちょっと寝っ転がって・・・」と思うのは逆効果です。
乳酸は、軽い運動によって消すのが一番いいんですよね^^

冗談じゃない、こんなに疲れてるのに>_<と怒る前に、
静かな気持ちでラジオ体操でもしてみると・・・
あらふしぎ。なんとさわやかな気持ちになることか!

・・・ホントですよ?

さらにさらに、暑いとき、
人間には汗を流して身体を冷やすという機能があります。
ですから定期的に、ちょっとだけ汗を流してあげることはとても大切です。

気持ちのいい汗をかくことによってしか、
暑さでだるくなった身体を治すことはできないんです・・・
ふしぎですよね!


sanpo2.gif


この夏、なんかうまくいかないで、運命がもたついていると感じるみなさん、
身体もどことなく不調な皆さん、
精神を見詰めて立て直す前に、
肉体にも風を通してみませんか?

夏がくれる暑さも、大切な恵みの一つです。

今も33℃の室内でこれを書いているわたしには、
早く暑さどっかいってくれー!!!!!という気持ちも非常によくわかるのですが^^;

でも・・・
夏には暑くなり、冬には寒くなるのが、自然です。

わたしたちの肉体も、自然にこれを楽しめるように、
滞った汗を通してあげたり、
固まった筋を伸ばしてあげたり、
指先からかかと、首から耳、頭から背中、お尻まで、
やさしくやさしく、いたわってあげてください。

きっと悩んでいた問題にも、すがすがしい風が吹き抜けるに違いありません^^


最後に、普段運動全くしないのでわからない><という方へ
どんな風に身体をほぐすと気持ちいいか、ちょっとお話しします。

身体の上では──

□夕方以降、または早朝、30℃以下になってから

しかも始めは室内で行なうことをお勧めします。
クーラーが効いているか、窓が開いているかどちらかがいいと思います。

□始めはラジオ体操程度

膝の曲げ伸ばし、深呼吸だけでもいいと思いますよ^^
一分でもOK。

□どこか具合が悪い人は、まずお医者様に、
ラジオ体操をしても良いか確認してください。

ラジオ体操は、運動不足の人にとっては結構な負荷があります。
できるだろうと過信しないことが大切。

□ゆっくり、やさしく動くこと。

運動不足の時は、いきなり激しい運動は禁物。
やさしすぎる、運動にならないんじゃ?ってぐらいでいいのです。
それでもどこかが痛くなったら、必ずお医者様に相談すること。


□お茶じゃなくて、お水を用意して

いつでも飲めるようにして、喉が渇かなくても飲んでくださいね。
スポーツドリンクは、運動不足の人には却って害になります。
お水か麦茶(カフェインと糖分がないもの)がいいと思います。


気持ちの面では──


自分の身体をしっかり感じて、今伸ばしたり力を入れたりしている部分に、
「がんばれー、いいぞー、気持ちよく伸びろー」
と語りかける感じで行なうといいようです。
ようは、使っている部分をしっかり、意識することですね。

戻すときには、例えば足なら、
「うーん、お前のおかげで歩いたりできて楽しいぞ。ありがとう!」
と話しかけてみましょう。(ほんとだもんね)
身体がうずうず、うれしくなってくるのがわかります!
たくさんの血流が、ぱっと一気に戻っていきます。


間違っても、
「もっともっとやらないと、自分はダメになっちゃう!」(恐怖)とか
「これをやりさえすれば健康になるんだから我慢」(欲)とか
「ああ~今日も一日●×△%$#□・・・・」(不満)とか
「運動って気持ちいいはず! 
 それをすれば自分は立派になるはず!!」(誇り)とかとか
余計な気持ちで気を散らさないことです。

そういう感情は、運動には全く必要ないです。

湧いてきたらぽいっと捨てて、身体に集中すること。

意味があるように感じても、ホントに一切意味はありません。
何か悟ったような気持ちいい感情だとしても、
今目の前にあることに集中できなくなるとしたら、
それはただの雑念に過ぎません。

たとえ自分は頑張っていると感じていても、
「自分は」「自分が」という気持ちは全て、
「目の前のことに逆らって、逃げる」時に発生するものです。

つまり、運動をいやがって拒否して、
いやいややっている気持ちということです。

いやいやなら、すっぱりやめてしまい、
もっと楽しめることをした方がいいです^^
体に良いことは、他にもたくさんあります。

運動は、身体との対話の時間。
身体を見て、感じること。
それ以外はなさらないことです。

そうすれば、身体もあなたに語りかけてきますから、
どこかを傷めたり、
熱中症になったりしにくくなりますからね^^


身体を動かすときは、身体に感謝し、身体に添って。
夏には暑さに添って・・・

逆らったり逃げたりしないで、
今いる場所を見て、感じて、
そして必要と思うことをのびのびやってみること──

そうすれば人はいつでも、元気になれますよ!


写真はわたしが夕方、あちこち散歩していて見つけたものたちです。
電車に乗って、遠くまで行って、
知らない町を歩くのが好きです。

着替えのTシャツをもって、帰りに銭湯に寄るのも好き。

二枚目、スカイタワーなんですが見えますか???



sanpo3.gif


・・・そして最後は、こんなこともあるから不思議。
道ばたで拾ったカニです。
川も海もないトコを、トコトコ歩いていました。

車道で、近くには虫がたくさん轢かれておりましたので、
心配になって連れて帰ってきました。
今も同居しております。


猛暑の中、みなさんもどうぞ楽しい夏をお過ごしになって下さいね^^
しかし、楽しくないのも、又良きかな!

ページトップへ

お盆も過ぎましたね  柊神楽

2010年8月22日 written by...柊 神楽

皆様こんばんわ。柊神楽です。


今年もお盆が過ぎましたね。


夏も終わりでこの先は残暑に突入・・・・。なのにこの暑さは尋常ではありません。


熱中症などお気を付けて下さいませ。 


今年も広島、長崎の原爆の日が過ぎ、そして終戦の日も終わりました。


神楽は毎年きちんと黙祷をしています。


日本人である以上忘れてはいけない事柄ではないでしょうか。


沢山の死者の上に我々の現在の人生があるのだと云うことを忘れてはいけないと毎年思うのです。


皆様はどのようにお過ごしなのでしょうか?

ページトップへ

「風水渙」に縁がある今日この頃  こころ眸

2010年8月 7日 written by...こころ眸

「風水渙」は、離れることを意味する易の卦です。最近の私は、この卦にとても縁があります。

 


1引越しを控えている


2ホームベーカリーの羽根をなくしてしまい、見つかるかどうか占ったところ、この卦が出ました。つまり、見つかる可能性が低いということです。


3ここのコラムを先程せっかく書いたのに、うまくアップされずに消えてしまい、書き直すことになってしまった・涙。

 


と、上記のようなことが起きているからです。


 

「風水かん」の卦が出た時は、風水を使って運を取り込むのが良い時期だと、ある有名な風水師さんが仰っていたのを思い出します。占い師ですから、ぜひ今後も風水を取り入れて、運気を良くしていきたいです。


でも、思うのです。こういう些細なことで悩めるのがいかに幸せかってことを。


死とか意識せざるをえないような不幸も体験しているので、本当に贅沢な悩みだと感じてしまいます。そして、今こうして元気でいられることに、本当に感謝しなくちゃですね。


転居先の氏神様に早くご挨拶に行かねば、です☆

ページトップへ