TOP2015年8月の記事

2015年8月の記事

☆溜めない☆ 歌央瑠

2015年8月30日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

人と接し関わっていく限り、どうしても理不尽だと憤りを感じたり
自分は間違っていないはずなのにと悔しい思いをすることがあります。

でも、そう主張したくてもその時々の状況や立場によっては、
言葉を呑み込み、我慢してやり過ごさなければいけない事も。

行き場を失った怒りや悔しさを、自分の中で消化するのは難しく
苦しいものです。

外へ吐き出せなかった言葉や感情は、どうしても心の中に重りとして
積み重なってしまうものです。

どうしても理不尽だと感じるその思いを、本人に直接伝える事が
出来ない時は、ぐっと我慢して飲み込んだ言葉を、紙に書き出して
みましょう。

誰に見せるわけでもないので、思いのままに言いたい事を綴ったら
ビリビリっと破り、クシャクシャにまるめて、捨ててしまいましょう。

そうやって、外へ吐き出すことで、案外気持ちがスッキリとしたり
するものです。

悪い気持ちを口にしたり、外へ出すことは良くない事と、思いがちですが
心に溜め込みすぎてしまうことの方が危険です。

世の中を生きていく為には、時には我慢も必要ですが、我慢を重ねた後は
せめて、苦しさを吐き出して心の重さを軽くしてあげましょう。


ページトップへ

「結婚期が早く来る人、 遅く来る人」について たまゆら

2015年8月24日 written by...たまゆら

卒業 たまゆら.jpg

■結婚期が23才位で来てしまう人がいます。

すると、たいてい親御さんに

まだ早い。」と言われてその結婚は壊されてしまいます。`


しかし


次の結婚期が30代後半になってしまうこともあります。

すると、なかなか希望に合う独身のお相手に巡り会いづらくなります。

好きになっても、相手は結婚していたりするのです。

だから、少し早いと思っても結婚してしまうのもひとつの手かもしれません。

平均寿命が長くなり、適齢期に選んだ相手とずっと終生そいとげられる人は、先進国ほど少なくなっています。


1度結婚したら、絶対に離婚はいけないこと...と思うととても敷居が高くなってしまいます。



「合わなければ別れればいいや...。」位の気持ちで結婚してみてもいいかなと思います。


■また、本当の適齢期が40代以降に来る人もいます。

よくある相談で、離婚はしたものの、また再婚を望んでいる人もとても多いです。


一生の運気を拝見させていただくと、むしろ50代以降位に、強い結婚運が来ている人も多いのです。


若い時とは結婚形態は少し違ってくるかもしれませんが、良くしたもので、適度に枯れてきているため、かえっ

て相手との間に穏やかな良い関係が持てたりします。


子育てや仕事を卒業したカップルのほうが、人生をパートナーと楽しむゆとりもあるようです。


(いわゆる茶飲み友達ということでしょうか...)(^^)



♡誰でも一生のうちに、運命の人とも言えるお相手に、数人はご縁があります。

諦めずにご一緒にじっくり探して行きましょう。

ページトップへ

素顔のCREDO@流星群

2015年8月13日 written by...CREDO

こんにちは、CREDOです。

皆さん、如何お過ごしですか?

今日は、「お盆のいり」ですね。
そして、元祖宙ガールのCREDOには毎年恒例
「ペルセウス座流星群」の期間です。

子供の頃から楽しみなこの流星群。
3大流星群の1つだけ有り、
とても沢山の流れ星が見れます。

今年は本日13日から14日が見ごろ。
と私は思います。
既に、昨日から多くの流れ星を観測出来ますが、
今夜は、お天気も安定し、全国的に楽しめそうな夜です。

明日は、新月ですので月明かりに邪魔されませんので、
引き続き楽しめそうですね(^_^)~☆

流れ星に願い事をお願いするのは至難の業。
だって、直ぐに消えてしまう・・・。
しかし今夜は星に願いを託して過ごしてみませんか?

ページトップへ

8月です。  柊神楽

2015年8月12日 written by...柊 神楽

8月になりました。

日々暑くて体調も不安定になりやすいですね。

8月は原爆の日、日航機墜落、終戦の日と沢山の命が失われた日が続きます。
そしてお盆でもあり、沢山の故人が戻ってきます。
人の命の重さについて考える大切な日が続くのも8月です。

とは言え本当に日々暑く私もたまらず涼みに行って来ました。
標高が1000メートルも上がれば本当に涼しいです。
そして緑と水の流れの音は元気をくれます。
仕事柄クーラーのかかった部屋の中が主なのでたまにはそういったものではない涼しさも心を和ませてくれますね。

この時期は行動することにとても向いています。
色々と悩んで悩みすぎず、動いてみると言うのも一つの手だと言えます。
そして少し疲れたら緑の中に入るのも心も体も癒してくれます。
ただ、体調には気をつけないといけませんね。

私、先日肉離れを起こしてこの暑いのに包帯ぐるぐる巻きでたまりません。
やはり、運動不足がいけないんでしょうね。

ほんと、痛いのでもう勘弁していただきたいところです。


先日行った山での写真です。
少しでも癒されればと思います。

そして知人に作ってあげていたブレスレットのメンテナンスで石交換をして駄目になった石をストラップにしてみました。

緑1
緑2
モルタバイト

ページトップへ

日照りに不作なし   こころ眸

2015年8月11日 written by...こころ眸

立秋過ぎて、暦の上ではもう秋なのに、まだまだ暑いですね~。

皆さんはばてていませんか?

私の方は、かなり日焼けしつつ、毎日のように狭い畑に水やりをしに行っています。

あまり利用価値のない宿根の大きなハーブを植えていたり、ほとんどの作物を種から栽培したりしているので、収穫量は決して多いとは言えませんが、本当に畑作業は楽しく、勉強になると、日々実感しています。

毎日、園芸や農業に関して、新しいことを知る日々ですが、つい最近、「日照りに不作なし」ということわざがあることを知りました。

灌漑が今ほど発達していない時代は、日照りによる水不足は不作の原因になりましたが、雨以外にも人工的に水を得られる現代では、日照が多いほど、豊作が期待できるそうです。

今年の梅雨は、前半は空梅雨で、後半は大量の雨量と日照不足を招き、私の畑も作物の成長不良や病気に悩まされました。

でも、ここ最近は、水やりはしんどいものの、夏野菜が健康的に、どんどん大きく育つので、見ていて気持ちがいいです。

占星術の研究は、農耕の歴史とも縁が深いですが、大好きな畑のためにも、気象占星術も今後深く学んでいければな、とつくづく思う今日この頃なのでした☆

ページトップへ