TOP2016年3月の記事

2016年3月の記事

桜の季節です。  柊神楽

2016年3月31日 written by...柊 神楽

こんばんは、柊神楽です。


最近は本当に暖かくなってきましたね。

桜も咲いてきました。

まだ桜をめでに行っていないのですが、こんなに暖かいとすぐ満開になってしまいますね。

たな門出を目の前にしている方も多い時期ですね。

この時期は力を蓄えつつも前に向かって前進していくときです。

じっと立ち止まったり、後ろを見続ける時ではないですね。

過去はどれだけ思い出したり振り返っても絶対に帰ってはきません。

過去は過去、全ての未来の為に使うべきです。

たまには自分の考え方や思い方を変えてみるのもいいのかもしれませんね。


最近は今年から我が家にやってきた鳥さんに癒されています。

小さな命なのに存在は本当に大きいものです。

久々に生きものを飼ったのですが、命の重みを感じつつ癒されています。

ほんと、可愛いですよ。

ページトップへ

☆人間関係☆ 歌央瑠

2016年3月31日 written by...歌央瑠


歌央瑠です。

ついこの間、年が明けたばかりのような気がしますが、早いもので
明日からはもう4月ですね。

新しい環境での生活が始まる方も、多くいらっしゃると思います。
その中で、出てくる悩みとして、これから新しく築いていく人間関係に
対する期待や不安が少なからずあるのではないでしょうか。

「誰とでも良い関係を築きたい。」という前向きな気持ちは、
とても大切だと思いますし、勿論誰とでも仲良くなれたら、
それに越したことはありません。

しかし初めから「誰とでも上手くやらなくては」と気張りすぎてしまうと、
知らず知らずの内に、自分で自分の首を絞めてしまうこともあります。

相性の良くない相手に対しても、良い関係を築こうと歩み寄り過ぎると、
いつの間にか自分を押し殺して、相手の思う通りの人物を演じ続けなければ
いけなくなったり、相手に主導権を握られてしまい、対等でない関係性を
形作られてしまったり...

人間には相性というものがあります。

どんな人にも、相性の良い相手と悪い相手がいて当然です。
言い換えれば、全ての人とうまくいく人なんて、本当の意味では存在しません。

誰とでも、うまく付き合えているように見える人は、相手の性質を見極めて、
それぞれの人に対し、自分との距離感を上手に使い分ける事の出来る人
なのだと思います。

自分と気が合い、信頼出来ると感じた人には、心を開き距離を縮め、
自分とは価値観が違うと感じた相手には、必要以上に距離を詰めないように
する事で、トラブルを生まない。

こんな風に良い意味での割り切りを器用に持てたら良いのですが、
これがなかなか難しいものです。

ですので、まずは「そこにいる全員と上手くやらなくてはならない」という
意気込みやプレッシャーを捨てて、「合う人、合わない人がいて当たり前」
と肩の力を抜いて、周りを見渡してみましょう。

みんなと、上手く接することよりも、たった1人でも素直な自分を受け入れて
くれる人を見つける事が何よりも大切です。

例え反りの合わない人がいても、1人でも自分を理解してくれる人がいれば、
苦難は乗り越えられるものです。



ページトップへ

素顔のCREDO@イースター!

2016年3月27日 written by...CREDO

こんにちは、CREDOです。

みなさん、いかがお過ごしですか?

今日は、「イースター」ですね。
日本の習慣では、あまり馴染みがないですがね。
私は、留学していた時の思い出が今も蘇りますし、
海外の友達のメッセージも楽しみの一つです。

実は、モアイ像でおなじみのイースター島。
1722年のイースターの夜にオランダ人に発見され、
この日がイースターだったので
「イースター島」
と名前がついたそうです。

私は、なぜかハワイの地元の人々しか行かない
博物館で、モアイ像を見た事が有ります。
はい、大きかったですね〜!
友達と思いのほか大きく、驚きました。
と同時に、ものすごいパワーを感じました。

モアイ像は、原住民の部族の守り神ですからね。
部族を守るために存在。
祈りを捧げる対象でもありました。

日本人からすると、一度は実物を自分の目で見たい!
観光の観点から見る事がほとんどですが、
単なる「置き物」ではなく、
目に霊力が宿る「守り神」と知ると、
見る目も変わるのではないでしょうか?

そうは言われても、沢山のモアイ像が並ぶ姿を
一度は見てみたいですね。


ページトップへ

啓蟄とか日蝕とか   こころ眸

2016年3月 6日 written by...こころ眸

確定申告の書類の件や、マンションの総会とか、色んな公私の人間関係で、最近お疲れ気味です。


とにかく、早くこんな煩わしい都会の生活から逃れて、田舎暮らししたくて仕方ない日々。ここ数年ずっとそんな気分。

田舎暮らしをするにしても、東京の住居の維持費はかけたくないから、早く一戸建てに引っ越したいと思っても、中々安くてよい庭付き物件がないですね(涙)。

ここ何年もずっと探しているのですから、神様もそろそろ恵んでくれればいいのに(笑)。


さて、まもなく3/9の日蝕がありますが、今年はこの日を機に波乱の様相になる可能性もあります。

どんなに世の中が混沌としても生きていけるように、畑や井戸など自給体制は整えておきたい気がします。

本当に都会暮らしって、お金がかかるわりに、危機に対しては脆弱だから、いやですよね~。


さて、昨日は、冬籠りの虫が這い出ると言われている啓蟄でした。

畑をするものにとっては、大敵の虫ですが、虫は授粉などの手伝いもしてくれるので、プラスの面もある存在です。

今月は雨天が多そうですが、絶好の種まき日和とも言えますよね☆

結果失敗する可能性があったとしても、何事も種をまかないことには、始まりません。

春ですし、佳き習慣の種をまきはじめましょう!


ページトップへ