TOP2016年9月の記事

2016年9月の記事

☆普通の概念☆ 歌央瑠

2016年9月30日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

人間関係がうまくいかない。
そんな悩みが続く場合、もしかしたら自分自身にも振り返る
余地があるかもしれません。

相手に対して
「普通なら、こうするのに...」
「普通なら、こう言うんじゃないか...」

そんな風に思ったことはありませんか?

ここでの【普通】というのは、一般的にや、常識的に大抵は
こうじゃないかな?と思う平均的イメージのことだと思います。

ですので、突飛な行動や言動が返ってきたら、誰でも思わず
こう考えると思います。ごくごく当たり前の思考ですよね。

けれど、この【普通】はとても曖昧なものです。

持って生まれた性質は勿論のこと、育った環境や、今まで
生きてきた中で出会った人から受ける影響など様々な要因から、
人の感覚はそれぞれです。

中には、多くの人が思い描く【普通】から大きくかけ離れた
感覚を【普通】と感じている人もいます。

また、普段は似通った感覚の持ち主でも突発的な出来事に、
いつもとは違った反応を示してしまうこともあります。

ですので、いつの間にかどんな時にも、どんなことに対しても
常にこの「普通なら」に捕らわれすぎてしまうと、人間関係に
不和を生じやすくしてしまいます。

特に出会ったばかりで、まだどんな人か分からない中で、
相手に自分の持つ【普通】を求めるのは案外難しいものです。

もしかすると相手も同じように自身の持つ【普通】をこちらに
求めているのかもしれません。

何でこの人は、私と違ったことばかりするのだろう?
もしかしたら、私のことが嫌いなのかな?

と、噛み合わなさを感じ、落ち込んでしまった時は、一度
自分の持つ【普通の概念】を置いて見直してみましょう。

知らず知らずのうちにお互いがお互いに自分の感覚を押し付け
合ってしまっていることは、よくあることです。

それに気付け、お互いに歩み寄ることが出来たらベストですし、
相手が歩み寄りの気持ちを持てない人ならば、無理に自分を
理解してもらおうと無理をするよりも、割り切った気持ちで
接することも必要だと思うのです。

人には相性があります。
必ずしも、全ての人と理解しあい、仲良くならなければいけない
わけではありません。

それぞれの人と、それぞれの付き合い方があって良いのだと
肩の力を抜いて考えていきましょう。


ページトップへ

雨が続いています  柊神楽

2016年9月28日 written by...柊 神楽

こんばんは、柊神楽です。


ここの所雨が続いていますね。
秋雨前線もありますが、まだ台風が誕生しているというのが・・・。
本当に気象条件は毎年おかしいですね。
地球も生き物ですから、やはり上手に共存していけるといいのですけれどね。

我が家にはインコがいます。
このインコはいつもなら衝動買いなどしないのですが、その私が思わずお迎え
してしまったというインコさんです。
と感じるものがあってお迎えしました。

人の直感って本当に大事なんですよね。

このインコが我が家にやってきてから思いがけない出会いが何度となくありました。
それは我が家にとって本当に願ったりかなったりの出会いでした。

動物は当たり前ですが人間より早く旅立ってしまいます。
もちろんオウムや亀などご長寿もおりますが。
短い命の中で与えてくれくものの大きさにびっくりします。
そして心救われる事も多い事。

我が家のインコさんも幸せのかけらをくれています。


さて、これから秋に向かいます。
心が定まらない事もあるかもしれませんが、
こういったときはいったん止まって気分転換をしましょう。
季節がら旅行や美味しいものを頂くのもいいですね。
そしてまた進み始めるといいですよ。


ページトップへ

ヨーロッパのエコ   こころ眸

2016年9月 7日 written by...こころ眸

今年はヨーロッパに行く機会があって、その自然や文化などをかなり楽しめた。


そして、日本よりもずっと進んでいるエコ意識を改めて目の当たりにした。



①資源と環境の保持のために一般的なお店では買い物袋は提供されない。

日本でも有料になってきているが、出してくれるのが基本当たり前。なので、買い物のたびに袋を持参するのが大変だが、慣れれば問題なく感じてくる。


②普通のきれいなホテルでも、トイレに雨水を使っているところがある。


③「洗う必要もないタオルを洗うことで、どれだけ資源が無駄になり、環境が汚れるか・・・」的なことが現地語と英語で書かれている。


④大きな自転車を電車に普通に持ち込める。


⑤クーラーがないホテルが多い。


今思いつくだけでこれくらいかな。ヨーロッパは日本ほど気温も高くならないし、かなり湿度も低い。なので、春から秋までは快適に過ごせるし、ヨーロッパでできることが日本でも再現できるとは限らない。でも、まねできる面は、どんどん取り入れていった方がいいと思う。

なんたって、無駄が少ない分、ヨーロッパのホテルなどは、日本に比べて割安だ。環境にもお財布にも優しいエコ社会に、日本が益々なっていくことを祈るばかり。


ページトップへ