TOP2017年11月の記事

2017年11月の記事

☆照明☆ 歌央瑠

2017年11月30日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

今年も残すところ1ヶ月となりましたね。

この時期になると、この1年でやり残したことは
ないか⁉などと、何となく焦りを感じたり少し
ソワソワしますね。

けれど、それと同時にクリスマスや、年末年始など、
色々なイベント事も多く楽しい季節でもありますよね。

家族が一緒に過ごすことが増えるこの時期、見直したい
のは、家の照明です。

リビングが薄暗いと、どうしても家族間の会話が減ったり、
社交運が下がり、揉め事が起きやすくなったりと
暗い雰囲気が広がります。

ですので、家族が集まる場所は照明を明るくすることが
ポイントです。

また、逆に1人でゆっくりとリラックスして過ごしたい時は、
少し落ち着いた照明の方が、心の安らぎを感じられるので、
上手に使い分けると良いと思います。

それでは残り1ヶ月も、皆さまが充実した日々を過ごせ
ますよう、精一杯のお手伝いをさせていただきますね!


ページトップへ

11月も終わりますね  柊神楽

2017年11月27日 written by...柊 神楽

こんばんは、神楽です。

11月も終わってしまいますね。

来月は12月。年末です。
師走はどうしても慌ただしくなりがちです。
こういった時ほど落ち着いて行動していきたいものですね。

今年は知らぬ間に秋が通り過ぎて行ったような気がします。
紅葉も見れなかったし。
何だか悲しい限りです。

日本は四季がありますからね、いつもその四季を感じて
生きていたいと思うのです。
でも、栗きんとんだけはしっかり頂きましたが(;^_^A

皆様はどうでしょうか?
ふとしたところで四季を感じてみるといいと思います。

皆様にとっては良い1年だったでしょうか?
来月に入ったら是非振り返ってみて欲しいです。
そして新しい年に突入していただきたいと思います。

神楽は愛鳥に癒された1年でありました。
残り1か月もきっと同じの様な気がします。

ページトップへ

カタバミが好き    こころ眸

2017年11月14日 written by...こころ眸

先日、可愛らしい白い花が群生して、通りがかったマンションの植栽で咲いていた。

この葉の形は、カタバミの園芸種だろう、と思って、帰宅後ネットで検索したら「オキザリス・バリアビリス」だった。

カタバミにはシュウ酸が大量に含まれているが、シュウ酸の英名は、カタバミ属の英単語に由来しているらしい。


カタバミは海外でレモンクローバーとして食用もされているとのことなので、五年以上前に、都会の道端のカタバミの雑草を煮て、味を試したことがある。

クエン酸の酸っぱさとシュウ酸のえぐみがある味だった。また、十円玉をカタバミで磨くとピカピカになるとのことなので、磨いてみたら、本当にピカピカになった。昔は日本でも、鏡をカタバミで磨いていたらしい。それゆえ、カタバミには「心を磨く」的な意味合いも期待され、家紋や紋章にも多用されてきた。

日本にも数種自生し、世界中に八百種類もある、カタバミことオキザリス。種でも、球根でも大いに増えて、手間がかからず、丈夫。

そして、晴れた昼間しか咲かず、夕方前になると、花が閉じる。

ありふれた花ながら、とっても奥が深いお花で、私はとても大好きです♪

ページトップへ