TOPこころ眸先生の記事三年寝太郎  果報は寝て待て   こころ眸

三年寝太郎  果報は寝て待て   こころ眸

亡父の相続放棄の手続きとか、愛犬の重い眼病とか、ボランティアとか仕事とか、今年に入ってからとてもバタバタとしていた。心身も脳も疲れ、懐は寒くなるし、宝くじは当たらないし(汗)。

そんな疲れがたまっているのか、最近は寝ても寝ても疲れがとれず、どうしても睡眠時間が長くなりがちになっている。あれやこれやと、やりたいことややるべきことがあるにもかかわらず、心身が思うように動いてくれない。多忙のストレスにより食に走ってしまい、体重が増えたことも関係しているのかもしれない。

脳科学によれば、脳が疲れると、「もう食べなくていいよ」と指令を出す脳の領域からきちんと指令が出ずに食べ過ぎてしまうらしい。また、睡眠時に脂肪が燃焼されたり、しっかりとした睡眠でレプチンというホルモンが出て、食欲を抑えてくれるらしい。

疲れて眠いときは、無理して活動するよりも寝ていた方が色々合理的かもしれないと、つくづく感じております。

特にこれからの梅雨時は特に心身がどんよりする時期ですしね。しばらくは、「果報は寝て待て」モードで行こうと思う、今日この頃です(笑)。

2018年6月 8日 written by...こころ眸

こころ眸先生の記事一覧へ