TOP2019年1月の記事

2019年1月の記事

こんばんは、柊神楽です。

2019年1月30日 written by...柊 神楽

今年になってはや1ヶ月が経とうとしています。

占いは旧暦で動いている事が多いのでもうすぐ
新しい年の運勢で回って行きますね。
去年はどのような1年だったでしょうか。
色々振り返るには良い時期かと思います。
そして新しい運勢が回り始めるので今年は
どの様な年にしたいのか、そしてどういった事に注意を
していけば良いのかというのを知っておくのも良い事だと
思います。
私自身は何だか忙しい日々で、今年もまた忙しい日々のようです。
どうにか自分の時間を捻出したいと切に願っております。
そして、楽しい1年にして行きたいと思っています。

去年は本当に待機出来ずでしたが、今年は頑張って待機出来るよう
にして行きたいと思っています。

待機している時、ご縁がありましたら是非鑑定に入ってみて下さいね。

皆様にとって良い1年の始まりでありますよう。

ページトップへ

再度の青春     こころ眸

2019年1月16日 written by...こころ眸

私の住む地域は、昨年に比べて暖冬です。昨年は大雪降ったりして大変でしたが、ダウンなどの上着が必要のない暖かい日々なのでありがたいです。



昨年の晩秋から、私はインド占星術でラーフ期に入りました。情熱的に突っ走る時期のようです。昨年は、私生活では散々でしたが、芸術的な経験とかに関しては、後半期は特に素敵な年になりました。

そんな体験に触発されて、歌を毎日のように歌ったり・汗、ギターを買って独学しだしたり、絵を描きだしたり、貪欲に本を読み出したりもしています。

私のインド占星術のチャートは、いかにも苦労が多いことが暗示されています。その出生図通り、中年期の今まで苦労や困難や葛藤がかなり多かったです。

でも、ラーフ期になって、失われた青春を取り戻そうとばかりに、わりと好きなことに取り組めています。

一人暮らしで自立し、勤労学生だった大学時代も、芸術好きでしたが、時間、お金の余裕がなく、ライブには行っても、自分で楽器をやるなんて余裕がなかったですしね。

私の出生図のラーフは、他の惑星と比べて、わりとまともなのです。「もう中年なのに恥ずかしい」という気持ちもありますが、一度きりの人生、やれる時にやれることはしておきたいな、と強く思う今日この頃です(笑)。

ページトップへ

☆2019年☆ 歌央瑠

2019年1月 6日 written by...歌央瑠

明けましておめでとうございます。

年末年始のお休みをいただいておりましたが、
本日より鑑定を再開させていただきました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年も大きな喜び以上に、今ある日常が続くことを願って、
1日1日を大切に過ごして行ければと思っております。

2019年も皆様にとって、素敵な年となりますよう
心より祈っております☆

ページトップへ