TOPこころ眸先生の記事純正律と平均律   こころ眸

純正律と平均律   こころ眸


春分を過ぎ、春真っ只中ですね。

私も花粉症の症状はあるものの、当時はあまり知られていなかった小学生の頃に劇症化して、その頃免疫がついたようで? 今ではそんなに激しい症状ではないです。


最近は夫がバイオリンを始め、私が篠笛を始めました。夫は昔から、純正律がどーの、平均律がどーのと薀蓄言っていましたが、私も最近やっと何となくその意味が分かるようになりました。バイオリンと管楽器は、純正律が可能な楽器らしいですね。


そして、その後も音楽理論を勉強し、少しずつ知識が増えてきました。世の中、本当に知らないことだらけですね・汗。

占い師のさがか、人相学的見地なのか、あの人とあの人は似てる、あの人とあの人の声が似てるとか、見つけるのが好きでしたが、最近は、曲のオマージュ、パクリ?にさらに敏感になりました。

たとえば、和楽器バンドや初音ミクが歌う「千本桜」を聴いて、「これって、YMOのあの曲に似てない?」と思って調べたら、やはり、「ライディーン」が元ネタになっているそう。

そして、昨日録画の映画「カメラをとめるな」を流し見してて、エンディングの曲を聴き、「これって、あの、マイケルジャクソンだか、子供の声の、オー、○○いーとかいう曲のパクリじゃない?」と思って調べたら、ジャクソン5の有名な曲に似た曲を作ってくれと監督から作曲家が頼まれて、著作権法ぎりぎりのラインでまねた曲だということが判明しました・笑。

いやはや、音や音楽の世界って、本当に深くて面白いです。






2019年3月22日 written by...こころ眸

こころ眸先生の記事一覧へ