TOP2021年1月の記事

2021年1月の記事

☆2021年☆ 歌央瑠

2021年1月30日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

こちらではご挨拶が遅くなってしまいましたが、本年も
どうぞ宜しくお願い致します。

2021年は未だ厳しい状況が続く中での幕開けとなりました。

早いもので既に1ヶ月が経とうとしておりますが皆様いかが
お過ごしでしょうか。

今年の抱負や目標はお決まりになりましたか?

昨年はコロナが広がる中、未だかつて経験したことのない事態に
身動きが出来ないまま、日が経っていくのを感じました。

しかし、その経験の中、今この現状で出来ること出来ないことが
自分の中でだいぶ見えてきたなと感じております。

今年もまだコロナと隣り合わせの生活が続いていくと思われますが、
何もしないまま時間を無駄にしていかないよう、慎重に考えながら
今出来ることをしていきたいなと思っております。

良い年になるといいな...ではなく、良い年にしよう!
そんな気持ちで過ごしていくことが今年の私の目標です⭐︎

ページトップへ

小説を音楽化する    こころ眸

2021年1月27日 written by...こころ眸

今さら、昨年のヒット曲『夜に駆ける』が小説を題材に作られていることを知りました・汗


それで、原作の『タナトスの誘惑』も読みました。

ネタバレになりますが、死神に取りつかれた女性と、それを引き留める男性の物語で、最終的には悲劇なんですが・・・。


『夜に駆ける』は好きでも、嫌いでもないですが、まあまあ、おしゃれだし、ボーカルの声が素敵だな、と思っていました。でも、まさか、そういうテーマについて歌っているとは、言われなければ分からない曲ですよね。

『夜に駆ける』は、一昨年初秋に発表されたようですが、昨年自殺者が目立ったのも、この曲や小説の影響もほんの少しだけあったのかなとも感じました。

生きていれば、老病という苦しみが必ず訪れるので、若く美しいままの死というのは美しいイメージがありますよね。死にたかったけど、救われて元気というよりも、悲劇的な結末の方が耽美的で、芸術作品になりやすい感じもします。

私も最近、作詞作曲をしているので、どういうテーマで、曲を作っていくかは、いつも悩んでいるところです。

yoasobiさんが、今月アルバムを出したようですが、すべて小説をテーマに曲を作っているようです。作詞作曲が趣味になりつつあるので、とても大きなヒントをもらえた気がします。


ページトップへ