TOP2021年2月の記事

2021年2月の記事

梨の妖精

2021年2月28日 written by...湖衣先生

BDA836D6-359F-4B14-A935-0502E9AA6F22.jpeg 私

千葉県船橋市の非公認キャラ、梨の妖精 ふなっしーです。

私が紹介するまでもないですが、ふなっしーはイベントやグッズ販売などの収益から、多くの被災地に多額の寄付をしています。本来のご当地キャラとしての可能性を十分に活かそうとしているところが好きです。
その支援活動に対する真摯な姿勢に頭が下がる思いです。

私もいただいた鑑定のお金を一部ですが、被災地や生物、自然の保護活動に、寄付をさせて頂いています。皆様の想いが被災地の力になりますこと、感謝してやみません。 

もちろん、ふなっしーには足元にもおよびませんが、少しでも日本が元気になることをしていたいですね。



ページトップへ

☆優先順位☆ 歌央瑠

2021年2月27日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

人間関係、仕事、金銭、健康、将来など複数の悩み事が
重なり八方塞がりになってしまう。

そんな経験はありませんか?

いくつもの問題が次から次へと立ちはだかると、どうして
自分ばかりがこんな状況に...と嘆きたくなりますよね。

そして考えれば考えるほど不安ばかりが大きくなり、
気力は下がり、思考も鈍るという悪循環に陥ってしまいます。

こんな状況になってしまった時、更に陥りやすいのが
焦りから、いっぺんに解決しようと無理に手を広げすぎて、
どれも悪化させてしまうパターンです。

複数の問題が重なってしまった時は、まずは一つ一つを
整理して考え、解決すべき優先順位を決めることが大切です。

優先順位の決め方は重要度も勿論大切ですが、それ以上に
問題の性質が大事になってきます。

問題の性質というのは例えば、
自分の努力で解決の可能性があるのか?
それとも自分の力だけではどうにもならないものなのか?
などがあげられます。

そうして、一つに絞ったら他のことは今は考えず、まずは
一つを解決することに集中します。

全ての問題は全く別々のようでいても、一つの問題に解決の
糸口が見つかり解消すると、そこから流れが良い方向に
変わって行くこともありますので、落ち着いて順番に
向き合っていきましょう。

また、悩みが多くなると先行きが見通したくなるものですが、
あまり先のことばかり考えすぎると、失敗を恐れて身動きが
取れなくなってしまうことも。

未来は自分の今の行動で変えることの出来るものです。

目の前にある小さなことからコツコツと向き合っていけば、
自然とより良い未来へと繋がっていくものであると信じて、
今を大切にすることが重要なのです⭐︎

ページトップへ

初めまして!湖衣です!

2021年2月27日 written by...湖衣先生


本日よりコラムを執筆させていただくことになりました。
前々から書いてみたかったのでとても楽しみです。皆さん、宜しくお願い致します!
これから文章を通して、私自身がなぜ、占い師になったのか、また、日々の暮らしの中で気がついたことなど、綴っていけたらと思います!

あっ、そうです。
私は妖怪の研究をしています笑笑。

先月は埼玉県の角川武蔵野ミュージアムの中にある、妖怪伏魔殿、行ってきました!
大好きな妖怪が沢山いて、ワクワクしちゃいましたよ。

その中で私が好きな件〔くだん〕を紹介しますね。
予言の妖怪としては最近はアマビエ、が有名ですが、実は他にもたくさん、いるんです。この件も江戸時代から昭和にかけて、多数目撃情報があったそうです。でも件の予言は必ず当たるといわれているんですが、件自身は、予言したらすぐ死んじゃうんです。だからちょっとかわいそうですけど、大好きです。ちなみに私はまだ、件に出会ったことはないですね。
えっ?他の妖怪ならどうかって?それはまた、折に触れて書かせてくださいね。
ミュージアムの売店で、思わず買ってしまいましたよ。
件です。↓         人面牛なんですよ。

C8B2E304-F9CA-464E-A252-87865C53D956.jpeg

ページトップへ

音楽と自然      こころ眸

2021年2月24日 written by...こころ眸

最近は音楽を学んだり作曲したりが趣味になりつつあります。



二、三年前に、人間国宝の笛奏者の著書を読みましたが、自然の中での鳥の声に、自分の笛はかなわない的なことを書かれていたのを記憶しています。

若いころは音楽に救いを求めていた時期もありましたが、今はほとんど好奇心のみで接していて、別に聴かなくてもいいのですが、分析的に楽しんで聴いています。

でも、自然の中で調和的に生きていたら、ほとんど音楽とかいらなくなるのかな、とも妄想します。

宮沢賢治のセロ弾きのゴーシュには、主人公がチェロを弾いていたら、動物が集まってきた、という描写がありましたよね。ああいう雰囲気は、音楽の理想でもあるな、と個人的に感じております。

ページトップへ