TOP2021年4月の記事

2021年4月の記事

☆連休☆ 歌央瑠

2021年4月30日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

ここに来て変異株の影響などもあり、再び新型コロナが
ふるう猛威が止まることを知らぬ日々が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日から連休に入られた方も多いのではと思います。

コロナが蔓延するようになってから2度目のGWとなりますが、
昨年に引き続きご相談の中でGWというワードをお聞きすることも
殆どないように感じます。

それだけ皆様がお出かけや旅行の計画を立てることもままならず、
沢山の我慢をされているということなのだと思います。

お家の中で過ごす事が多くなりますが、なによりも健康を
第一に考え、心と体を休めることに特化した穏やかな
連休となられますように。

そして来年の今頃は少しでも状況が改善されている事を
切に祈っております⭐︎


ページトップへ

鬼太郎

2021年4月29日 written by...湖衣先生

故.水木しげる先生が大好きです。

水木先生は生前、
俺は鬼太郎のような生真面目なやつは気に食わない。
人間の本質はやっぱりネズミ男なんだよ。
とおっしゃっていたのが印象的でした。 


これは数年前に水木先生の妖怪展にいったときのものです。


やっぱり私は鬼太郎が好きです^_^

D890DC93-813C-4F0E-96E7-223B32DC3983.jpeg

ページトップへ

クラシックギター    こころ眸

2021年4月28日 written by...こころ眸

米津君が紅白に出た数日前に買ったアコースティックギター。金属アレルギーを理由に一年以上放ってましたが、昨年ウクレレを始めたことがきっかけで、また練習再開しました。


子供時代は音楽の経験が、学校授業以外皆無だった、いい歳のおばさんですからね。やはり、練習しても進歩は遅いですが。だんだん音楽理論も、ギターの構造も理解し、指も少しずつ動くようになってきました。

でも、一番弾いているのは、アコースティックギターよりも、クラシックギターですね。ナイロン弦の出す音が、とてもやさしいのです。そして、松の材が理由か、ギターの香りもとってもいいんです。

うまくなりたい気持ちもありますが、ポロンと音を鳴らすだけで、癒されてしまうのが一番の魅力です。胸元で響くから、自然と心も癒えていく雰囲気があります。

ご興味がありましたら、ぜひ始めてみることをおススメします!

ページトップへ

ピンクムーン

2021年4月26日 written by...湖衣先生

明日27日は、さそり座満月。

ピンクムーンでもあります。

満月にはいろんな呼び方がありますね。
4月の満月は、ネイティブアメリカンの人々からは
ピンクムーンと名付けられていました。

ピンクムーンは恋愛を成就に導くともいわれています。
願いを込めてみてくださいね。

ページトップへ

山人参

2021年4月22日 written by...湖衣先生

私の友人の弟から聞いた話です。

友人は韓国人なので、弟は韓国にいるのですが、
趣味が山菜採りなのでよく、山に入るそうなんです。

また韓国では、山に自生した人参がとても高価なものとされ、
市場では高値がつくので、山人参を探しに山に入ることもあるそうです。

そして山に入る時、そのときは仲間と一緒にまず、山の神様に

「これから山に入らせていただきます」

と挨拶をして山にはいるのだそうです。

そして山人参を見つけたら、一緒に山に入った仲間に聞こえるように、
「おーい」と大きな声で山人参を見つけたことを知らせなければならないということです。

なぜなら、少しでもずるい気持ちを持って、見つけたことをみんなに知らせることを躊躇したりすると、みるみる山人参は消えてしまうからです。

友人の弟も、山人参を見つけた時に一度、一瞬、
この山人参独り占めしたいな、みんなに黙っていようかな、
という気持ちが頭をよぎったのだそうです。

本当に一瞬、人はそういう気持ちになること、あるかもしれませんよね。

そしたら、その湧いた気持ちの一瞬あと、
みるみる目の前で、山人参が跡形もなく消えてしまった、
というんです。

これって山の神様に自分の一瞬の気持ちを見抜かれてしまったんだと思う。
そう話してくれました。
それからは必ず、山人参を見つけたら仲間に知らせるようにしている、
といっていました。

山の神様に感謝し、自然の恵みをいただくことを有り難く感じ、それを皆で分かち合う。その気持ちがないと、山人参が消えてなくなる。

人間が忘れてはならない、自然への感謝の気持ち、
それを山の神様が教えてくださっている、
まさに自然の真理ではないか、と心に沁みる話でした。

昔ばなしのような話だけれど、
身近な話です。


ページトップへ