TOP2021年5月の記事

2021年5月の記事

☆運気停滞☆ 歌央瑠

2021年5月31日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

ただいつも通りに暮らしているだけなのに、小さなトラブルが
次から次へと立て続けに起こり、何故〜?と嘆きたくなる...

そんな状況に陥ることはありませんか?

私は今月まさに、そんな運気の停滞の真っ只中におりました。

家自体や水回り、更には家電にパソコン...
ありとあらゆる物が次から次へと壊れ、自分自身も怪我や
体調不良に見舞われ、あちらこちらメンテナンスが必要となり、
目まぐるしい日々を過ごしておりました。

この数年に一度くらい訪れる運気の波は、どうにも逆らえない
ものなので、なるべく静かに大人しく、ひたすら通り過ぎるのを
待つのみ!という気持ちでおります。

またこんな状況に陥ると、何で私ばかり...と悲観的になり
心が重くなるかもしれません。

でもそんな時、こう考えるようにしています。

大切な人達が元気ならそれで良い。

もしかしたら私に起きなかったら、家族に起きていたこと
かもしれない。

そう考えると、途端に気が楽になるのです。

今日で5月も終り、明日からは上半期最後の月に入ります。

これ以上もう何もおきないことを願いつつ(笑)

これからも皆様のお役に立てるよう頑張っていくので、
今後ともどうぞ宜しくお願い致します⭐︎




ページトップへ

表現したいこと    アイデンティティ   こころ眸

2021年5月30日 written by...こころ眸

最近、2000年代前半に放送されていたサムライチャンプルーというアニメを見ました。映像も素敵で、テンポよく、ヒップホップの曲もかっこよく面白かったです。そこに、アイヌの楽器も出てきたりして、音色に魅了されました。


その流れで、アイヌのミュージシャンのインタビューを読んだりしました。その方は、伝統音楽と現代の音楽をミックスして活動している方です。その方は、アイヌというルーツがあって、羨ましいな、と思いました。

西洋の音楽理論とインド音楽を両方学んでますが、西洋人でも、インド人でもないですしね・汗。親の影響で三味線の音色を聴いて育ちましたが、邦楽はあまり好きになれません。ご多分にもれず、ポップスやロックやクラシックを好んで聴き育ちました。

最近は、DAWを使って作曲のまねなどもしていますが、一体、自分のルーツは何で、何を表現したいのか、というところは悩みどころですよね。

でも、そんなことで悶々としていると、曲が作れなくなるんですよね。とにかく、ださくてもいいから、曲を作っていくというのが、作曲初心者の私にとっては、とても大事みたいです^^

ページトップへ

お知らせ

2021年5月27日 written by...湖衣先生

うちは身内がお寺なので、

たまたま乗ったタクシーの運転手さんに、
「〇〇寺の住職をこの間乗せたら、檀家の葬式の話になってね、
なんでも檀家に葬式がある朝は必ずチャイムが鳴るから分かるっていうんだけど、そんなこと、やっぱりあるもんなんですか」
と聞かれました。

そう、普通の人は少し、きみが悪いと思うと思いますが、
お寺ではおそらくよくあります。

お知らせが来た。

私たちはそういっていました。
最もうちはチャイムではなく、本堂にあるお位牌が、ドミノ崩しのように
パタパタと右へ左へウェイブするんです。
動くのです。

あっ、お知らせが来たから、葬式がある。


身内の僧侶も当たり前のように、それはいっていました。


お寺では当たり前になにかしらお知らせがあるのです。





ページトップへ

自然

2021年5月25日 written by...湖衣先生

最近は、人里に本来は近寄るはずもなかった動物たちが出没し、

そして人間はその獣害のために、動物を駆除する、
ということがまま、あります。

熊やイノシシ、鹿、タヌキやキツネ、猿、など、
本来は山中で出くわすはずの動物たちの聖域を、
人間が開拓し、自然とのバランスが崩れてしまっているかからではないかと、
私は思います。

古来より日本の自然動物たちの、食物連鎖の頂点に君臨していた動物、
それは日本オオカミだったのではないでしょうか。


日本には山犬や日本オオカミの信仰が現存します。

オオカミは古くから泥棒や疫病から人々の暮らしを守る、
神の使いとされてきました。

しかし明治時代にその日本オオカミが絶滅し、また環境破壊なども相まって、
こうした野生動物たちのバランスも崩れていってしまいました。

私は日本オオカミの博物館を訪れたことがありますが、
近年でも日本各地に、日本オオカミではないか、という目撃情報や、
オオカミの遠吠えなどを聞いた、という体験も多くあるようです。

私は日本オオカミはまだ存在していて欲しい、
そう願っています。

そして日本オオカミが発見されたあかつきには、どうか今度こそ
日本は大事に見守っていってほしい、と心から願っています。


727A4664-2D70-41A1-8F74-A5F78EFF5329.jpeg


この写真は日本カモシカです。
友人がふと道沿いの草むらを散策していたら出くわした、
といって写真を送ってくれました。


日本カモシカは、登山に行き、山中で見かける動物でしかありませんでしたが、
人里近くにも顔を出すことが最近はあるようです。

じっと見つめていて、逃げなかった、
と友人がいっていました。


日本カモシカは山神様からのメッセージを伝えたかったのではないか、
私はそう感じます。


ページトップへ

願い

2021年5月24日 written by...湖衣先生


最近、ふなっしーのイベントがなくてさみしいなっし。


早く安心できる世の中になりますように。


そしたらふなっしーに会いたいな。



C1B1AC71-EB34-4BA4-8828-A1EB065DE67B.jpeg


アマビエ様ふなっしー。


ページトップへ