TOPこころ眸先生の記事リード オルガン   こころ眸

リード オルガン   こころ眸

いい歳の中年になってから、色んな楽器に手を出したり、音楽理論を学んだりしているのですが。どの楽器も、センスのなさと、音楽経験のなさゆえ、中々上達せずに悩んでおりますが・汗。そんなさなか、ハルモニウムという鍵盤楽器を新しく入手しました。

ヨーロッパで、巨大なパイプオルガンの代用品として、小さなリードオルガンが開発され、それがイギリス統治時代にインドに持ち込まれ、あぐらで演奏するインド音楽にあわせて、さらにコンパクトに改良されたのがハルモニウムになります。

ヨガ教室に通っている方は、ハルモニウムで、聖歌が歌われることもあるので、ご存じかもしれませんね。ずっと欲しかったのですが、安いものではないので、迷ってましたが、他の人が弾いて歌っているのを見て、とても素敵だったので、購入してしまいました。


鍵盤楽器は、電子キーボードしか持ってなかったので、アコースティックな鍵盤楽器の音色に感動しております。

電子キーボードも、普通に弾いてて面白いのですが、やはり、アコースティックな楽器の威力は違いますね。ロボットの声と人間の声くらいの違いといいますか。ハルモニウムが届いてから、よく弾き方も分からないものの、弾きまくっています。

ハルモニウムは宗教曲が向いているような音色ですが、歌謡曲やポップスも弾いていきたいな、と思ったりしますが、中々合う曲が見つかりません。それで、最近、バッハの宗教曲なんかも聴いてみようかな、という気分になっております。

2021年7月30日 written by...こころ眸

こころ眸先生の記事一覧へ