TOP柊 神楽先生の記事

柊 神楽先生の記事

柊 神楽先生

名 前
柊 神楽(ひいらぎ かぐら)
性 別
女性
占星術
霊感・霊視

生まれ持った霊能力により霊能者として活動してまいりました。生きている以上何かしらの悩み、迷いがあり、そこから一歩前に踏み出すためのナビゲートを致します。…

ゴールデンウィーク 柊神楽

2017年4月21日 written by...柊 神楽

こんにちは、柊神楽です。

今年もゴールデンウィークが近くなってきました。
皆さんはどこかへお出かけするのでしょうか。
最近は近距離で遊びに行く方も増えているのでしょうか。
ゆっくり過ごすというのも長期休みにしか出来ない事かもしれませんね。

4月と言うのはあっという間に過ぎて行きますね。
今年は桜が少ししか見ることが出来ずちょっと残念な神楽です。
それでも世の中の学生さんにとっては入学式に桜が間に合ってくれて
良かったのではないでしょうか。

心も晴れやかに新たな門出をされたことでしょう。

これからは行動するのにとても向いている時期です。
心も体もしっかりリフレッシュして行きましょう。
そしてその反面とても不安定な季節とも言えますので、疲れは
しっかりとって無理をしない様にしましょう。


桜

ページトップへ

春  柊神楽

2017年3月30日 written by...柊 神楽

3月ももう終わりますね。

入学、入社シーズン到来です。
新しい世界へ飛び出す方々、本当に頑張ってください。

が、今年は桜の開花が遅いですね。
先日桜が咲き始めという情報を知り行ってみたら、まだしっかりつぼみ
でした。
残念。
しかし、その付近のお年寄りの方とお話をしたのですが、本当に元気です。
地物を売っていらっしゃって、野菜を買ったのですが、本当においしかったです。
お年寄りとお話をさせて頂くと今のまだ若い人たちにはない元気を頂けますね。
そしてほっとする所もあります。

季節と共に生きていらっしゃるなぁとしみじみ思いました。


さて、この時期は気が焦りやすい時期です。
焦って行動するよりしっかり考えて行動すると良いでしょう。
考える事、一歩立ち止まることは動かない事とは違います。

いつも前を向いて歩いて行きたいものですね。

ページトップへ

3月に入ります。 柊神楽

2017年2月28日 written by...柊 神楽

こんばんは、柊神楽です。
なんだかんだでもう3月に入りますね。

卒業の季節ですね。
新たなる出発を考えている人には良い季節になってきました。
とは言えまだ外は寒空の時もありますので体調には気を付けたいものです。

この時期は少し悩みに陥りやすい人も増えます。
それは季節の移り変わりがあるからというのもあります。
これからは暖かくなるので気持ちも体も行動する雰囲気に持っていくと
よいと思います。

これからは良い季節です。
気分転換に外に出るのも良い線引きとなります。

皆様に良い春が訪れますように。


柊神楽

ページトップへ

1月も終わりますね。 柊神楽

2017年1月30日 written by...柊 神楽

こんばんは。神楽です。

1月もあっという間に終わってしまいます。
皆様は新年になってどのようにお過ごしでしたでしょうか。

私はプライベートが異常に忙しく気が付いたら月末でした・・・
占いは旧暦というのがとても大切です。
占いの上での新年というは旧暦で動きます。
ですからこれからの運勢と言うのが今年の運勢になりますね。
こういう時期に年間の運勢をざっくりと知っておくとよいです。
そして毎月年運を踏まえた上での運勢を知っていると
行動するにもよい助けになると思います。

占いはその場の事だけでなく、少し先の運勢を知る事で
良い考え方、良い行動に結びつくものです。
そういった考えで鑑定に入られるのも良いのかもしれません。

皆様にとって良い年でありますよう。
そして良い月でありますよう。

なかなか待機できませんが、今年はしっかり待機して行きたいと
思っておりますので、よろしくお願いします。

柊神楽

ページトップへ

良い年越しを  柊神楽

2016年12月26日 written by...柊 神楽

こんばんは、柊神楽です。


クリスマスも終わり、いよいよ年越しですね。

皆様にとって今年はどんな年でありましたでしょうか。

神楽の今年は本当に忙しい年でした。

特にプライベートでは家族が難病指定の病気が発覚したり

など、自分自身に何かがあったというわけではありませんが

やはり家族の中に病人が出るとそれだけでバタついてしまいますね。

色々な事がありましたが、いつも前を向いていたいとその都度思うように

しておりました。

辛い思いをされている方もいらっしゃるとは思いますが、辛い出来事

だけを見ているとなかなか先に進めなくなりますので、その都度その後を

どうするかと言う事を考えてみると良いと思います。

辛かった事、苦しかった事は今年に置いて来年まで持ち越さない様に

していくと良いと思います。


来年もまた鑑定士として頑張っていきたいと思いますので

よろしくお願いします。

皆様が良い年越しでありますよう。

柊神楽

ページトップへ