TOPこころ眸先生の記事

こころ眸先生の記事

こころ眸先生

名 前
こころ眸(こころひとみ)
性 別
女性
占星術
霊感・霊視

色々な苦労と占い経験を積んできました。あなたが人生の迷路で途方に暮れた時に、出口を探し出すお手伝いをさせていただきたく思います。……

バランスよく降ってほしいが...  こころ眸

2017年7月 6日 written by...こころ眸

ここ最近沖縄や九州が記録的な大雨のようですね。被災地の早くの復旧、祈らざるをいられません。


そんな中、私の住む東京は、雨の加減が今のところバランスがいいです。なので、植物の生育もかなりよいです。

ほとんどの植物が過湿が嫌いで、長雨、大雨で過湿に傾くと病気や害虫が大量発生するので大変です。

今日は昨日までよりも湿度も低く過ごしやすいです。

しかし、困ったことに、低湿度になると心身燥に傾くのか、私は寝つきが悪くなります。

数日前までの高湿度の時は、どよーんと体が重くすぐに寝られたのに、ここ数日は不眠気味で...。

梅雨明けも近いのでしょうか?  本当に困った体質です(汗)。

ページトップへ

植物栽培はギャンブル!? こころ眸

2017年6月 3日 written by...こころ眸

ここ数年、自分の庭、畑、町の花壇などの作業をしていて、花や野菜の栽培に関わっている。そんな自称・ファーマー、ガーデナーにとって、大忙しの季節が到来しました・笑。


5月は雨が少なく、水切れする植物もありましたが、ここ最近は晴れの日と雨がバランスよく交互にやってきて、植物の生育もいいです。しかし、問題は梅雨シーズン。この時期に花や野菜は病気にかかりやすくなります。

ここ数年の経験で、ここのこの日当たりと土質なら、この花、この野菜と決定し、水遣りも天候とにらみ合って、加減を決めていますが、さて計算どおりうまく花が咲くか、野菜が実るか、というのが、どこかギャンブルと似ています。

しかし、歴史的に見ても、占いも、農暦など、農業と密接に絡んできたことを考えると、植物の栽培に占い師の血が騒ぐのも当然かもしれませんね!?

何だか、毎年この時期は、挿し芽したポーチュラカが咲くかどうかやきもきしている気がしますが、ポーチュラカが咲かないことには、私の夏は始まりません・笑。

十数年前に、日当たりのいいマンション室内でポーチュラカを育てて以来の、大ファンです。今年もハッとするようなお花畑を作りたいものです♪

ページトップへ

お花満開       こころ眸

2017年5月 9日 written by...こころ眸

どこもかしこもお花に溢れ、果樹などでは花だけでなく実をつけているものもある楽しい季節。


いわゆる貧乏草と言われているシオン系の外来雑草と、これまた増殖している外来雑草ナガミひなげしが、群生化していて、自然に白とオレンジのコントラストが綺麗なお花畑を作っているのには笑ってしまった。


昭和天皇は雑草という植物はないと仰っているようですし、どんな植物も実は平等で、いい花、悪い花と決めているのは人間の勝手、わがままと言えます。

そういう意味で平等視しなくてはいけないな、とは思うのだけど、やはり私にも好き嫌いはあります(汗)。

好きなのは陽気で明るい花、綺麗だったり、可愛かったりするのに、食べれたり、薬用できる植物です。

陰気な花、気取っているけど有毒な花はあまり好きではありません。

今咲いている中では二ゲラなんかが好み♪

綺麗なブルーの花はとにかく好きです☆

ページトップへ

高齢者の定義   こころ眸

2017年4月 3日 written by...こころ眸

今年の1月5日に、日本老年学会が高齢者の定義を「65歳以上」から、「75歳以上」に引き上げました。それにより、年金受給年齢がさらに先延ばしにされるのではないか、と懸念されています。


日本を代表する企業、シャープ、東芝などの斜陽、複数の銀行の合併などを見ても、日本経済が芳しくないことが分かります。保険料や税金は上がる一方で、生活保護受給者数も右肩上がりで、このまま国家財政が逼迫したら、私たち現役世代も年金をちゃんと受け取れるのかが不安ですよね。

今の余裕あるお年寄りは、趣味や余暇などを楽しんでいそうですが、私たちが「高齢者」になる頃は、働かないと生きていけないかもしれませんし、それまで生き残っていられるかも微妙ですよね(汗)。

でも、老後の不安のために、今は好きなことをする時間を我慢して、ガムシャラに働いて、お金を貯める、というのも何だか寂しい生き方のような気がいたします。

私の座右の銘は、マハトマ・ガンジーの「明日死ぬと思って生きよ、永遠に生きると思って学べ」ですが、明日死ぬかもしれないと思いつつ、「今」を大切に、楽しく生きていきたいと思っています。



ページトップへ

値上げ      こころ眸

2017年3月 7日 written by...こころ眸

今日、ヤフーのトップニュースに、人手不足からヤマト運輸が全面値上げを検討している、とあった。


以前もクロネコメール便が廃止になって困ったが、ネットで買い物をよくする者としては、送料が高くなってはとても困る。

これで、またネットなどで買い物をする人が減り、さらに日本経済が低迷するのでしょうね。

でも、これで、普通の店舗販売がまた盛り返したり、近くの人との物々交換や取引が増えたりする、ということもあるかもしれませんね。送料高いから、買い物自体を控え、古いものを大切に長く使う、という文化もさらに浸透するかもしれません。

ここ数年、経済活性化の名の下に、金融緩和が繰り広げられ、意図と反して経済はどんどん右肩下がり、日本人は益々貧乏になってきました。

特に今の若い子はあまり物を欲しがらないようですね。もちろん、お金があまりないということも影響しているのかもしれませんが...。

どんどん経済が収縮することで、大量生産、大量消費を見直さざるをえず、必然的にエコロジカルな循環型社会になっていくのなら、それもまた素敵なことかもしれませんよね!?

ページトップへ