TOP歌央瑠先生の記事

歌央瑠先生の記事

歌央瑠先生

名 前
歌央瑠(かおる)
性 別
女性
占星術
霊感・霊視

はじめまして、歌央瑠です。誰にも話せないお悩みこそ、勇気を出してご相談ください。ひとりで抱え込んでしまうと、その思いが真剣ならば真剣なほど、思い詰めて現状が…

☆立春☆ 歌央瑠

2020年1月31日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

2020年が始まり、もう1ヶ月が経とうとしています。

皆様、どのような1年のスタートとなったでしょうか?

もしも今、昨年の流れから脱することが出来ずに、
新しい波にうまく乗れず停滞したままだなぁ...
と感じていても、まだ落ち込む必要はありません。

運気の流れが大きく変わる本当の意味でのスタートは
立春である2月4日です。

ですので、立春までの残り数日の過ごし方はとても大切に
なってきます。

私も先日のお休みに、昨年末にやり残した場所の掃除を
一気に片付けました。

そして立春には改めて1年の目標を定めてみることも
大切です。

1年のもう一つの区切りである節分、立春という日を
上手に迎え運気の上昇気流にうまく乗っていきましょう⭐︎

ページトップへ

☆2020年☆ 歌央瑠

2020年1月 6日 written by...歌央瑠

明けましておめでとうございます。

本日から仕事はじめの方も多かったのではないかと思い
ますが、皆さま良い新年を迎えられましたでしょうか。

私は4日から鑑定を再開させていただいておりますが、
おかげさまで連休はゆっくりと過ごさせていただき、
良いスタートをきることができました。

さて皆様はもう今年の目標や抱負はお決まりでしょうか?

私の今年の目標はとにかく健康でいることです。

色々やりたいことはありますが、何をするにも一番大切
なのは健康だと歳を重ねる毎に身をもって感じるこの頃です。

仕事を頑張るのも、楽しいことをするのも、美味しい物を
食べるのも、大切な人達を守るのも、全て健康な体と健康な心が
あってこそ出来るのだと思うのです。

ですので、今年もご縁をいただいた大切な皆様の健康を
祈ると共に、皆様からの嬉しいご報告が沢山聞けることを願って
おります⭐︎

それでは本年も、どうぞよろしくお願い致します。


ページトップへ

☆令和元年☆ 歌央瑠

2019年12月28日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

今年も無事に全ての鑑定を終了させていただきました。

明日からは少しお休みをいただき、また来年も少しでも
皆様のお役に立てるよう、しっかりとエネルギーを
充電してまいります。

私事ではありますが、今年は新元号への改元を挟み、
人生の大きな転機を複数迎え、慌ただしい1年となりました。

そんな中、皆様から逆に元気を貰うことも多く本当に感謝して
おります。

来年は地に足を付けて、今以上に力を発揮出来るよう
頑張りますので、どうぞこれらも宜しくお願い致します。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ☆

ページトップへ

☆12月☆ 歌央瑠

2019年11月30日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

明日からはもう12月。

今年も残すところ1ヶ月になってしまいましたね。

最近めっきり寒くなりましたが、皆さまいかがお過ごしで
しょうか。

12月はいつも慌ただしい中、忙しなく過ぎてしまいます。

スッキリとした気持ちで年を越したいなと思うと、
なんだかんだと後回しにしてきてしまったことや、
今年の内にやらなければいけないことが一気に押し寄せて
来て、気ばかりが焦る中、毎年気付いたら大晦日を迎えて
いるような気がします。

しかし、そんな風にやることはいっぱいなのに体調を
崩しやすい時期であることが、また厄介なのです。

何とか今年を気力で乗り切っても、集中の糸が切れ、
ほっとした途端に風邪をひいて、せっかくの年末年始を
寝て過ごしたという経験を持つ人も多いのではないで
しょうか?

そうならないよう、しっかり食べ、しっかり睡眠を取り、
焦らずどっしり構えることを心掛けてこの1ヶ月を
元気に乗り切りたいものです。

今年はインフルエンザの流行も例年より数ヶ月早いとの
ことですので、皆さまもくれぐれも気を付けてお過ごし
下さいね⭐︎



ページトップへ

☆原因を知る☆ 歌央瑠

2019年10月31日 written by...歌央瑠

歌央瑠です。

特に思い当たるふしがないのに、急に相手の態度が
よそよそしくなったり、壁を感じるようになった気がする。

対人関係の悩みで多くある相談の一つです。

勿論それぞれのケースで細かい状況は全く違いますが
鑑定させていただくと、大きく分けて3つの原因が
視えてきます。

一つ目は、自分の知らない所で第三者からの影響により
逆恨み、もしくは、やっかみを受けてしまっている場合。

二つ目は、相手自身が大きな悩みを抱えていたり、
または情緒不安定や、浮き沈みが激しいなど、相手の
置かれた状況や、もともとの性格に問題がある場合。

そして三つ目は、自分の気付かぬ内に、相手に誤解を
与えたり、傷を付けるような言動をしてしまっている
場合です。

どのケースも原因の根本を知ることが解決の糸口です。

特に三つ目のケースは、原因に辿り着くのが早ければ
早いほど、解決もしやすいものです。

まず、突然の対人関係の悪化を感じたら、直前の自分の
発言や行動を振り返ってみましょう。

自分としては、悪気なく言った言葉や行動が相手に誤解を
生んでいたり、真意が伝わっていないということは、
案外多くあるものです。

もしも、それらを自分が受ける側だったら、どんな印象を
持つだろうか?

そんな風に逆の立場になって考えてみると、何か見えてくる
ものがあるかもしれません⭐︎



ページトップへ